古書の買取先は選べる時代に

Posted by admin on 日曜日 5月 11, 2014 Under 古書の買取

ここ近年、古本の買取をしてくれる店舗が増えています。その背景は、店頭だけでなくインターネット上でも販売できる環境が整ったため、店舗のいらないビジネスとして期待されているからです。このサービスの充実は、売る側にとってとても有難いものですが、それと同時に群雄割拠でもあるため、どこに売れば良いのか迷ってしまうことも多いかと思います。そもそも古書とは、「新品ではない中古の本」であり、古本と同じ意味を持つ単語です。けれど古本とは違い、新刊では手に入らない(絶版)ものを指します。それだけに、本の内容にもよりますが、専門書や学術書・希少本など、今では手に入り難い本ですから、その本に対する思い入れは通常の古本よりも高いはずです。けれど、大量の本を相続し、自分では関心は無いけれど、高価格で買い取ってくれるところがあれば、それに越したことがないという方や、大事だけれど手放さざるを得なくなってしまったため、価値の解る方に売りたいと願う方など個人によって色々な事情があります。前者の方ならば、リサイクル店の宅配買取をお勧めします。大量でも送料無料で自宅に居ながらの引取りが可能ですし、状態の良いものは高値で。また、状態の良くないものでも、グロス単位で引き取ってもらえるのがメリットです。けれど、古書自体の希少さは価格に反映されないことが多いので、後者の方は直接古書専門店に持ち込むほうが、高値で買い取ってもらえることが多いようです。インターネットの無料査定も充実していますから、前者後者、自身の事情に合った方法で、賢く買取サービスを選び利用する時代がきたと言えます。

Tags : | add comments

古書の買取は使い分けが重要

Posted by admin on 土曜日 5月 10, 2014 Under 古書の買取

古書の買取の際に、できるだけ高額で買い取ってもらうためには、売る業者を使い分けることが重要です。まず、古本としての価値はそれほど高くないが、状態の良い本がある場合には、町中にある大手の古本業者を選びます。町中にある大手の古本業者の場合には、値段を決定する際にその本の状態の良さや店舗の在庫の状況から判断します。したがって、本来の価値があるような本であっても、状態が悪ければ値段が悪くなりますし、在庫の状況によっても低くされる可能性があります。本来の価値が高い本については別のルートを考えた方が良いです。もし、本来の価値が高い本を持っている場合には、その本のジャンルに強い古本屋かインターネット上の業者を考えます。古本屋は多くの場合、あるジャンルに特化しているケースが多いですので、そのジャンルに合致する本であれば適正な評価をしてもらえる可能性が高くなります。また、インターネット上の業者であれば、本の情報などを入力することによって、おおよその買取価格を提示してもらえるケースがあります。このような場合には、簡単にその本の値段が分かるので、古本屋に行く前にあらかじめ値段を知っておくための方法としても利用できます。このように、古書に対する値段のつけ方は、それぞれの業者によって異なりますので、常に同じところで売るのでは損をしてしまう可能性があります。より高く買い取ってもらうためにも、各業者の特性と売りたい本の状態をよく理解した上で、賢く使い分けるようにしたいものです。

Tags : | add comments

古書は買取店を利用して次の読み手へ

Posted by admin on 金曜日 5月 9, 2014 Under 古書の買取

自宅に眠っている本やもう読まなくなってしまった書籍などがあれば、ゴミとして処分せずに有効活用してもらえるところへ持って行くという選択肢があります。その場所とは、古書の買取店です。例えば、古くなった漫画や雑誌、小説など、いろんなジャンルの本を買い取ってくれます。このような買取店に売却すれば、資源をゴミとせず、有効活用することができ、リサイクルに?がります。また、他に読みたいと思っている新しい読み手の元へ渡すことも可能です。その上、売却すれば利益を得ることができるので、売り手側にもメリットがあります。買い取ってもらうことができる本のジャンルや状態は、お店によって基準が違います。しかし、少々状態が悪くても、お店で加工や修繕をしてくれるので、綺麗な状態でなくても売却することができます。また、メジャーな本ではない場合、売却できないこともあります。しかし、専門的な本を扱っているお店に持って行けば、予想以上の高値で売却することができる可能性もあります。したがって、まずは自分の売りたい本の査定をしてもらってから、売却するかどうかを検討することが最適です。また、近くにお店がない場合は、インターネットや電話などで申し込みをして、郵送でお店に送って売却をすることができます。宅配キットを郵送で自宅まで届けてくれたり、送料が無料のお店もあるので、重たい本をお店まで持って行く必要がありません。手続きも簡単なので、誰でも容易に売却することができます。

Tags : | add comments